BLOG

先の年末年始、実家に長めに帰った。認知症になった父と意思疎通が取れる最後の正月である気がしたからだ。予想に反することなく症状は進んでいた。仮面夫婦を公言していた二人はずっと別室で寝ていたが介護を期に同じ部屋で寝るようになった。(夜中になると父の幻覚やらトイレやらでまともに寝れてないが、、、) 僕は同じベッドで抱き合って寝ることを勧めたが、母は断固拒否した。昭和のモデルライフに抗うことなく買った2階建マイホームの2階はただ4部屋が平家に乗っかってるだけの状態となっていた。

数学の教師であった父が引き算を出来なくなったと母から聞いた時、この人は人生を懸け身をもって僕らを笑かそうと、とっておきのボケを披露したと思った。もちろん僕は心の中で「何でやねん」とツッコンんだ。6月に帰った時、父は日に日に色んなことが出来なく、わからなくなっていく自分に冗談で「もうボケてもうとるから」と笑いながらも戸惑っていた。そんな父に僕は”人生をどう終えたいか”と率直に聞いた。父は「この先、迷惑かけると思うけど、のんびりさせてくれ。あとはお前らの好きにしてくれ」と言った。そこには長男であるお前がちゃんと面倒みてくれという意味合いも強くあった。父は直接僕には言わないが母には僕に神戸に戻って来て欲しがっていた。抗っても良くなることはないことを痛感していく中で、なんとかしようとする母と妹の思いとは裏腹に諦めてしまっていた。もともと自分が無駄だと感じたことをするのがとても嫌いな人だった。

僕は父の部屋を主に数日かけて実家を片付けていた。父には趣味という趣味がなかった、親友と言える友達も僕が知る限りいないように見えた。定年まで教師として勤め上げ、借金もなく恐らく不倫も出来ず、人にほとんど迷惑をかけることなく日常に波風を立てない無難をこよなく愛せる人だったと僕は捉えているが、実のところ父のことをほとんど知らないというか必要以上に興味を持ったことがなかった。ただこの人のような人生は送らないと思春期の頃は強く思った。そしてそれは今も変わらないが、思春期の頃あった薄っすらとした嫌悪感は跡形もなくなっていた。

父に残して置きたいモノ、要るモノはあるかと聞いたら、「何も要らない、どこかからお金が出てきたらお前にやるわ」とまだこんな冗談も言えるんだぜという顔で答えた。片付けながら、父は残したいモノではなく捨てるのが面倒だった多くのモノに囲まれて生活していたことが垣間見れた。多くのものは僕が子供の頃、目にしていたものがそのまま、もしくは使えなくなったままの状態で保管でも保存でもなく至る所にただ在った。僕はそのほとんどをゴミとして分別していった。

綺麗にファイルされた古い写真アルバムと勤めてた学校関連の人達の連絡先(お葬式の時もしかした必要かも)、いくつかの記念硬貨。そして一昨年書いていた父の日記だけ、綺麗に整理して閉まった。

その日記の始まりは"ひょんなことから日記を書くことになってしまった。"だった。

その日記は10日足らずで、"もう書きたくない" と書いて終わっていた。その日記を読んだ後は

少しばかり身体が固まり涙が出たが、父にとって自分が認知症になったことはひょんなことであったんだと思うと笑ってしまった。そして僕がバンドを出来なくなってしまっていることもまた、ひょんなことからなんだなと思えた。

レビー小体型認知症の父には幻覚が見えていた。本人は”これ病気のやつやな”とうっすらまだわかりながらも気持ち悪いことに変わりはなく、The理系街道を逸れることなくここまできたもので、不思議なことを受け入れる能力が0に等しく、その不思議すぎるであろうその状態に狼狽え、「これは考えたらあかんやつやな」と自分に言い聞かせながらも不快感を訴えていた。これを毎日一緒にいる母に訴え続けたら母の今に支障がで過ぎることは間違いなかったし、すでに夜中に起こされることで支障は出ていた。

母にこれは専門の人たちに任せるべきだと僕は介護付老人ホーム(グループホーム)への入居させることを勧め、年始早々二つばかり電話して見学に行った。その一つは偶然にもかつてのバンド仲間が立派な立場に就き働いていて、これは運命的なやつか!?と違う方向にテンションが上がってしまったが、他にも色々見て、基本的に母が通いやすく、父の年金で賄え、父にとって(今となってはこちら側の主観でしかないが)合ってるのでは思えるところを前提に母と近くに住んでる妹に後のことは任せた。

父とは違い、"好き嫌い、こうありたい、こうあるべき"がある母の最期はなるべくその意向に沿ってあげたいと思い、葬式のやり方や納骨する場所など大まかなことをこの機会に確認した。その中で母が指定した骨壷は元々紅茶葉が入っていた小さな綺麗な陶器の壺であった。それは父と自分の分、色違いで二つあった。こんなお茶目に納骨堂に並ぶ気があるなら、何故もっと仲良く出来なかったんだと思ったりもしたが、数学教師と音楽教師、ないものに惹かれあったが、きっとあって欲しいものが少な過ぎたのだろう。




今朝、母から電話があった。「父さんが話すると言ってるから代わるわ」と父に代わった。

最初、「今日は近江マラソンか?」と聞かれたので「そうかもしれんけど、僕は走らんで」

と答えた。「そうかあ、元気しとんのか?」 「元気にやってるよ、父さんはどうや?」

「元気は元気やで、この機械が難しいてなんやわからんけどな、、、。まあ元気が一番ええな、元気がええわ。     また帰ってきてくれな、、、。       ほなまた。」


問題はいくらでも作れるし世間によって作られたりもする、解くことに苦しむよりも解かないことを選ぶとそれは問題ではなくただの事柄となる。そしてその事柄に触れる時、僕(人々)は出来る限り元気であった方がいい と 今の時点では思っている。


gigadylan













ここのところ自分だけが訳分かる絵みたいな模様、模様みたいな絵をアプリでずっと書いている。

画材道具も一切なく手も服も汚れず、誰に対してなのかわからないがほんのり罪悪感を覚えながらも、かつて"かっぱえびせん"がそうであったように止められない。

いや、"かっぱえびせん"を食べる行為の方が手が汚れる分、僕が絵を書く行為よりも手重である。

そう考えるとますます罪深い。




音楽もまた同様にこれからは楽器ではなく楽器のようなもので容易に奏でられ鳴らすことが出来るようにきっとこの先ずんずんなっていくだろう。そのことに僕は異様にワクワクせざるを得ない。

芸術が前か後ろか上か下かわからないがとにかく進んだ(駒が動いた)と感じる時、必ず過去の美意識への冒涜が含まれていると僕は歴史からざっと汲み取り、強くそのように認識している。

とすれば、僕は僕の過去の美意識に対して冒涜を試みる準備をしなければならない。

自分が芸術に敬意を払う側の人間であるとすればの話であるが。


gigadylan



Seesaaブログに不満があった訳ではないが、mothercoatの公式webをAmebaowndさんで作らせて貰った関係で、Amebaさんでまとめた方がいいのではと確信はないが、素人感覚で移らせて貰った。

こっちの方で、過去の記事を見ると行間やら何やらが予想はしていたが微妙に崩れており、記事によっては只でさえ汲み取りにくい意図をさらに不可解に表示されているものもあり、気が向いたら少しづつ過去も修正していければと引越し直後には思った訳ではあるが、過去を整理するよりは未来を散乱させる方にやはり好奇心が向くもので、気の向くままではあるが綴っていきますのでお付き合い願いたい。 そして時にコメントであるとかSNSならではな感じのリアクションを頂けると嬉しく思います。 

ほくろの毛を抜くべきか抜かないべきかそこそこ真剣に悩み中。

ずっと伸び続けるなら生涯かけて伸ばしてみたいのが本音である。

それなりに長くやってきたことを解体し、また0から始めますと言ってみたいものだが、0の状態にするにはあまりにやろうとしてきたことの残骸が多くどんなにリセットボタンを押したところでやはり3くらいから始めてみようと言うのが、かつて一緒に切磋琢磨してきた仲間達への礼儀であり自然なことだと感じている。

2017年12月23日にバンドを凍結させてから400日と幾日の時間が過ぎた。その間、音楽と音楽で繋がった人達とは距離を”置かざるを得ない、置きたい、置く、置いてみる、少し触れてみる”というこれまで体験したことのない心身のグラデーションに僕の生活は染まっていた。そういった時を経て今、僕自身に”触れたい”という心境とそれに耐えうる状況の変化が限りなくゆっくりと穏やかに近づいてきている気がしている。しかしながら後悔はなくとも過去の失敗、過ち(要因は一つではないがいくつかの引き金を引いたのは間違いなく僕であり、これらのことについては今はまだどう書けばいいのかわからない)は踏まえなければならない。それはホモ・サピエンスの宿命であり暗黙の義務である。そのことを踏まえつつも、そろりそろりと表現を始めてしまったのは、詰まるところ、少しでも人と繋がっていたい、もっと心の内にこっそり閉まって置きたいような言い回しをすれば "寂しい" ということに尽きるのかもしれない。とりわけ僕のあるのかないのか判別に困るような才能が寂しがって溢れ出てしまったのである。

といった訳で、今は寂しさが溢れ出てしまっただけの今であり、mothercoatのweb上のコンテンツではあるがmothercoatに直接的に繋がる今ではないかもしれない。ただ僕の脳裏にはいつもmothercoatで出会った人達の顔や思いや言動がまるで永住権を取得したかのように住み着いている。そしてその脳裏では僕もトキロックもよく笑いよく泣きよく怒っている。



10代の頃に味いつくせなかったセンチメンタリズムを39才で完食し、今もまだデザートを堪能出来そうな心象ではあるが、とにかく今に関して言えば私には元気はある。単純なことを回りくどく、かも複雑であるように表現出来ているのだから。そのことは興に乗ればきっと複雑なことを率直に、かも単純であるかのように、もしくは単純に表現することも不可能ではないだろうという気に僕をさせる。


おそらく僕は自分が思っている以上に元気なのだろう。



gigadylan

未だ有機的な時間とは程遠く、曖昧且つ漠然とした時間の中。

あまりの自由さに安堵しつつも途方に暮れる。

またいつかあの不自由な日々を味わえたらな と 。


少しづつ、自分の内を外へ。


gigadylan