その声の主、意外。

答えが出たのはちょうど東名から新東名に入る数分前のことだった。その時から遡ること90分前僕らは関越から鶴ヶ島JCTを八王子方面にハンドルを切っていた訳だが、何か聴こうかとなり数曲アップされていたLOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTSの新譜を聴いていた。トキロックがふとアカクラの声は張り付いてくる声だからずっと聴いてはいられない声だなと呟いた。なんとなく音の立ち上がりの早い声や音楽は時に疲れたりするからということだろうと解釈し、なんとなく対照的だと勝手に思った声のsleepy.abの新譜に切り替えた。

以前の作品に比べ(全部聴いてきた訳じゃないけど) 声がとても近く感じる印象だった。やっぱり良い声してるなあと思いながら(mothercoat始めた頃はナリヤマ君の声に憧れたりもした。)も運転中に眠気を誘われてはまずいという危機感から、何か話でもしようとトキロックに「好みの声のアーティストって誰?」と問いかけた。「この声はいいなと思った人いるんだけどそのバンドの名前が思い出せない」と言う。

もっとすぐ名前出てくる人で好きな声の人いないのだろうか?と思ったが、それは気になるねというところから謎解きが始まる。提出された情報はアルバムのジャケットが女の人が頭の上に亀を乗っけていた。男性である。プログレッシブな音楽。どこの国のアーティストかはわからない。トキロックがネット検索するも該当するものが出てこず。これはドライブに最適な難題だなと頭の中にいろんな声を巡らす。途中、Steven Tylerの声は好きという意外な怪情報まで提出され、混乱する。いくつも名前をあげるも該当なし、いよいよもってトキロックもFrank Zappaを聴きながら、今聴いたら全然好きじゃないけど、これだったのかなあと弱気な発言。色々質問して更なる情報を引き出す。フジロックで観たことあるかはわからない。でもバンドのみんなでライブ映像を見てた気がする。歌というよりラップ?言葉の羅列っぽかったかも。そこで、あっプログレではないけど WHY?だ!と辿り着いたかのように言うも

答えはNO。気持ち悪いまま圏央道を車を走らせる。気分転換でもないがAEROSMITHを何十年ぶりかにちゃんと聴く。人間の声というよりも獣と同じ類の声に感じる。

このまま名古屋に着いてしまうのでは思いながら海老名JCTのカーブを曲がる。

この歳になると思い出せないことばかりだ。思い出せないままやり過ごしてる日々だ。

そういえばこれだけ長く一緒にいて知っていてもおかしくないようなことでも知らなかったなということがあるんだなと、なんとかどんな声が好きかは今世のウチに知っておきたいなと思いながら大井松田で右ルートを選択する。

トキロックから変態バンドとして絶賛されていたと思う。という情報が出た直後、

天から答えが降ってきた。


Marz Volta !!!!!!!!!!!!!! 


という声が御殿場に響き渡った。

もちろん、Marz Voltaを聴きながら新東名を西へ西へ車を走らせたとさ。

すっきりしたトキロックはMarz Voltaを聴きながら眠りに。

めでたし めでたし。


後日 ジャケを見たら女の人が乗っけていたのは亀ではなく甕だった。



にしても意外、、、、。

トキロックがMarz Voltaのアルバムを持ってることさえ知らなかったのであるから。

そんな名古屋への道中であった。


gigadylan


mothercoat WEB

gEt unfRee OnedaY.

0コメント

  • 1000 / 1000